Web拍手、恥ずかしがりやなあなたに。

<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

あくまでも。

ぱっきゅる~ん。
何かをしなければ何かを書けない臆病者とはヤマグチジロウでございます。


何をした、いや、何処へ行ったのかと申しますと、


「スピッツ 横浜サンセット2013」


非常に頼れるこばやん先輩に取り入って参加させていただきましたが、


会場の遥か後方とはいえ、学生時代より聞き親しんだスピッツの生音にはただただ染み入るばかりでございました。


まあ詳しいことは専門の方がこういう風にまとめています。


スピッツ、野外「横浜サンセット」で夏の終わり演出


いや、自分でまとめるのが面倒というわけではありません。断じて。


いやいや、言いたいことを大体書いてくれてるのでね、プロが書いてるほうがいいでしょう?とか、そういうヤツですよ。


以下、個人的にグッときたアクトをば。


まず3曲目の「みそか」、これこそスピッツで一番好きな曲なのではと思っている曲のひとつなのですが、最初のブロックで演るとはスピッツ、攻めてるな?攻めておるな?とテンションあがってたまらないヤマグチでした。


あと15曲目、高校時代に組んだバンドで演奏したことのある「チェリー」、終始「何が違うんだろうな~」とノスタルジックにセンチメンタルでした。


次ぐ「渚」、これぞ1番好きな曲(断言)。これを生で聴けたならもう勝利も同然ですよ。ワタクシ。


その後に続く3曲にはテンションがあがりっぱなしでもう、あがりっぱなしてました。


やはりこの夏の終わり感は今まで生きてきた中でトップオブザトップで夏の終わりだったわけで、最後の凡百とある花火大会と銘打ったもののそれとも引けを取らないほどのスケールの花火にはいやでも夏の終わりを感じざるを得ずに、それはもう夏の終わりだったわけですよ。


いやあ、観に来た甲斐があった夏の終わりだなあ。


と、夏の終わりに思ったのであります。


もう、秋だね?


ほんとにね。


ほなねん。
[PR]

by biryou-sanso | 2013-09-21 22:45