Web拍手、恥ずかしがりやなあなたに。

浪漫と怖い話のお話。

やあ、ヤマグチジロウだよ。

真夏のピークは去りましたかね。夏のうちに書いておこうと思っていたテーマをば。夏といえば? 柳沢慎吾、野沢直子、稲川淳二……。
今回はそのうちの稲川淳二のテリトリー、怖い話について考えてみましたのでお付き合いいただければと。
あ、怖い話の話をするだけで怖い話はしないのでご安心を。

自分でもちょっと忘れがちなんだけど、漫画や音楽や野球やらお笑いやらコーラやなんやらと並ぶように僕を構成するもののひとつとしてあるんですよ。怖い話。
稲川淳二氏のツアーも何度か観に行ったり、テレビで怖いやつやってたら優先的にそっちに合わせたりするのですよ。
怖い話といっても怪談や心霊現象の類から都市伝説、UMAやUFO、その他諸々の謎? まで様々です。まあオカルトだよね。
ではなぜ怖い話に惹かれるのか。これは友人にもたびたび訊かれることなんだけど、もともとは高校時代の眠れない夜に携帯電話で、巨大な掲示板からネットの隅の隅のほうの落書きみたいなものまでをオールジャンにコピペして共有するみたいなサイトがあって、結構な記事数がありさらにランダムで飛べる機能もあって眠くなるまで暇つぶしにぽちぽちしてたのね。
ジャンルは問わずにただ面白いのをコピペするだけのサイトだったから当たり外れあって外ればっかり引くとどんどんと眠れなくなっていく悪循環があったり、当たりばっかり引くと楽しくてどんどん眠れなくなっていう悪循環があったりもしたんだけど、その中で一番目を引いたのが怖い話、オカルトだったわけですよ。
正確に言えばもっと前からその辺の分野に興味があって、だからこそ目を引かれたんだろうけど、まあきっかけはそんなところですよ。

きっかけはそんなところだけど、では怖い話のなにがいいのか。
そうだなあ、例えばお笑い、漫才なんかを見る時は笑いを、面白さを求めてるわけじゃん。野球とか音楽だったらプレイを見てすごいなあと感心したり感動を得たり、たまに怒りやかな悲しみをがあったりするわけじゃん。漫画や小説、映画諸々だったらその両方だったりするわけじゃん。コーラだったらおいしいじゃん。
そういう、『感情を揺さぶる』もののひとつとしてあると思うんですよ、恐怖って。だから僕の中ではベクトルは先に述べたいろいろな趣味興味と一緒なわけなんですよ。
単純に読み物としても面白いのもあるしね。

そんな理由で怖い話を見る、聞く、読む僕ですが、じゃあ幽霊とかって信じてるの? って訊かれれば、「99%いない」と思ってます。残りの1%は浪漫です。
なぜそう思ってるのかというと、単純に僕は幽霊を見たことないからです。友人に見えるっていう人が何人かいるけど、僕自身は見たことないからです。頑なに。
だから怖い話をいくら見ても99%はフィクションだと思って見てます。小さい頃のいろいろで、そういうことにはちょっと落ち着いた目で見てしまうというか、あわよくば揚げ足を取ってやろうと思ってしまうので、幽霊のいるいないに関しては割とドライなのです。
それでも何で見るのかというと、やっぱり単純に面白いからなんですよ。

例えば怖い話でトップランクに有名な話として『八尺様』というお話があります。
掻い摘んで話すと祖父母のいる実家に帰ってぼんやりしてるとでかい女の人を見てしまい、その人に魅入られて、霊的な攻防を繰り広げて命からがら村から脱出するという、ホント掻い摘んで話すとこんな話です。べらぼうに面白いから読んだことない人は是非読んで欲しいんですが、このほかに『リゾートバイト』だったり『リアル』だったり、似たテイストの話が多いんですね。
その地域に古くから伝わる悪霊に魅入られて、それを身内や関係者に話すと態度が豹変して、拝み屋を連れてきて、長い時間ナムナムと闘って、条件付(もうこの地域には近寄るなとか)だけど、なんとかなるっていうテイストの話。
ざっくり言えば流行ってたんですね当時(2008~2009年頃)。そうなると霊現象に流行りなんてあるかーい! と、なってしまうんですね。いや、面白いんだよ? 『リゾートバイト』も『リアル』も。でも、真冬のように冷めた目線で見ると「ああ、流行ってたんだね」ってなってしまうわけなんですよ。面白いことには変わりないけど!
そのちょっと後に異世界に迷い込んでしまった人の話とか流行ってたよね。そうすると「ああ、流行ってたんだね」って思ってしまうよね。異世界系も面白いけど!

そもそも、幽霊というもの自体も、人間の警戒心が生み出したもので。原始の時代から、暗闇の中から猛獣が出てきたらどうしよう。だとかそういうことに神経を使ってきた「暗闇の中にいる天敵への恐怖心」というものの名残が、暗闇そのものが少なくなり猛獣に襲われるリスクが少なくなった現代では、その「暗闇の中にいる天敵への恐怖心」は「暗闇の中にいるよく分からないものへの恐怖心」になり、やがて幽霊と実体のないものを代替品として使うようになっただけなんですよ。
心霊写真だって、昔々に亡くなった身内をわざと自分の写真の肩口に合成して「死んだ今でもついてくれているんだな」と悲しみを和らげるために使われていたのが大本だとも言われてて、そこからどんどん派生していった今では完全に意図せず霊魂を写してしまったものになってしまってますよね。それだって、目と口があればなんとなく顔と認識する人間の能力の成せる業ですよね。
つまりは、「よく分からないもの」を幽霊の仕業だとか幽霊そのものだということにすれば、腑に落ちるわけですよ。
面白い話で、幽霊よりも「よく分からないもの」のほうが怖いんですよ。
幽霊の仕業にしてしまえばお払いをしたりその場所から離れるようにしたりと、次の行動がとれるからそうしているというだけで、ちゃんと突き詰めたらちゃんとした理由があることがほとんどだと思うわけですよ。
だ! か! ら! 幽霊絡みの怖い話は、「ただの作り話」と「幽霊の仕業にしてるけど突き詰めていけばちゃんとした理由がある話」で99%を占めてると思っているのです。残りの1%は浪漫です。

さて、ここまで理論的にガチガチに固めるのは、もちろん怖いからです。怖いのを理論で誤魔化してるんです。
そしてここまでして、怖いのを誤魔化してまで怖い話を読みたいのは面白いからです。
面白いのは、感情を揺さぶられるから。そして、残りの1%の浪漫があるからなんです。

ああ! うまいこと締められた!

[PR]

# by biryou-sanso | 2015-08-24 06:04 | 未分類

大人とキテレツのお話。

やあ、ヤマグチジロウだよ。

僕は小さい頃アニメをよく見る子供でね。それはもういろいろ見たものさ。
ドラえもん、勇者シリーズ、ドクタースランプアラレちゃん、ドラゴンボール……
中でも一番心に残ってて、且つ僕の根っこの部分を占めてると言っても過言ではない作品が、少年アシベとキテレツ大百科です。
今回はその内のキテレツ大百科についていろいろと。

前置きとしまして、キテレツ大百科は藤子・F・不二雄原作の児童向け作品で、原作は1974年に始まり、アニメは1988年にスタートしました。(へぇ~)
アニメが300話以上続いたのに対して原作は40話しかないという、所謂「母をたずねて三千里」状態になっておりながらも、生前のF先生が自身のアニメ作品で1番のお気に入りに挙げるなど、なんとまあいろいろとエピソードに事欠かない作品だというわけですね。
内容としては、江戸時代の天才発明家・キテレツ斎の子孫、木手英一(通称キテレツ)がキテレツ斎が残した奇天烈大百科を元に発明を再現し、難題に立ち向かう、大まかにいえばそんなストーリー。

さて、一番心に残ってると言いましたが、全311話のうち、よくて半分くらいしか見てないんですね。ああ、許してください! 物を投げないでください! 仕方ないじゃあありませんか! 物心がつく前からやってる作品なんですよ? 最近TOKYO MXでやってる再放送でチビチビと補完している状態なのですよ! しかもこの作品、ソフトのバリエーションも乏しくて全部揃えるとなるとバカ高いんですよ! 勘弁してくださいよ!

んん、気を取り直して本題に入りましょう。
キテレツ大百科はメインキャラクターは前述のキテレツ、キテレツが作ったからくりロボット・コロ助、メインヒロインのみよちゃん、ガキ大将のブタゴリラ、ボンボンのトンガリの5人。他にも数人いますが、基本となるこの5人の構成。そう、ドラえもんをはじめ藤子作品にはよくある構成の5人組なんですね。
しかし、キテレツのアニメ版に関しては、その構成は似通っていても役割が違う。例えばドラえもんの場合、トラブルメイカーはほぼのび太だが、キテレツ大百科の場合はブタゴリラ、コロ助、時々トンガリ。なのでブタゴリラはガキ大将成分は薄めで、コミカルで憎めないキャラクターになっており、普段トンガリは理不尽に殴られたり散々な目に遭っているにもかかわらず、115話『花の命は短いぞ!ブタゴリラ最後の日』や、242話『ブタゴリラの総決算!お騒がせ大全集!』、273話『消えたブタゴリラ!イモより怖い神隠し』などで、ブタゴリラやその家族が危機に陥った時には、一番に心配する面を見せたりと、キャラクター同士の信頼関係が垣間見えたり、274話『とんだアップル?みよちゃんの初恋物語』、284話『はやまるな!コロ助駆け落ち成人式!?』のようにたまに見せるセンチメンタルなお話も魅力。

それが際立って見えるのも、キテレツ大百科の真骨頂であるコミカルな演出。(主に)ブタゴリラの勘違いで展開されるお話はバカバカしくもほっこりさせられ、同時に勘違いが重なって、とんでもない方向へ話が進むのを見るのは圧巻なのですよ。
その勘違いによるトラブルを解決するために、キテレツの発明を使うわけなんですが、それだけでは解決できないことも。むしろ頼まれて作った発明は、かえって話をややこしくすることもあったり(航時機や亀甲船、潜地球など、既存の発明品を移動手段として使うのはうまくいったりするのだけど……)。
そんな時に意外と役にたったりするのが、キテレツのパパだったり隣に住む大学生・勉三さんだったり脇を固めるキャラクター。子供たちでは解決できない問題も、大人たちによって解決したりする、というのも、キテレツ大百科の特徴のひとつである(勉三さんは時々トラブルメイカーになったりしますが)。
この辺がドラえもんとは違うところ。あちらではひみつ道具が問題解決の鍵となり、その道具を調子に乗ったのび太や、それを奪ったジャイアンなんかが下手な使い方をして、事態が大きくなる。そして最後にしっぺ返しという、言ってしまえばお決まりのパターンができてるわけですよね。同じような要素を使った作品でも、それぞれがちゃんと味をだしていて面白い。それもドラえもんが15分のエピソードを2つ、キテレツ大百科が30分のエピソードを1つ。という、後者のほうがお話をひとつふたつ転がせる。といった差もあるのかも知れない。

話を戻しまして、大人たちが絡むといえば107話『トマトはナステフテフは一体何ナリ』や、140話『むかしの常識!?堂々封切総天然色三本立』や、201話『レトロー!父ちゃんの思い出オート三輪』などの、昔の物やことを題材にした話。特に『トマトはナス~』では、古い百科事典を受け取ったブタゴリラからトラブルが始まり、最終的に歴史的仮名遣いの存在に気付き、真っ先にパパに聞きに行ってすんなりと事態は解決する。こういう解決が出来るのも、キテレツが学校であったことやちょっとしたことを、ちゃんと食卓で家族に報告してるからこそなんですよね。なんていい子なんだキテレツ!
さらにこのお話の最後で、すっかり古い百科事典にハマったブタゴリラが、「けふもやさいのれうりでぜうぶなからだ」と言って話を閉めるわけですが、幼い頃に見た僕には当然ちんぷんかんぷんで、祖母にどういう意味だと尋ねたものです。

ああ、なるほど。キテレツ大百科は親子で見るともっと面白いアニメだったのかも知れない。
最近で言えば、妖怪ウォッチのアニメなんかもそうだけど、あれは昔の作品のパロディを織り交ぜながら親の層を楽しませ、「親が笑えば子も笑う」といった形。少し昔だとハッチポッチステーションなんかもそうだったね。
それらと比べると、キテレツ大百科は昔の文化なんかを教えてもらえたり、まるで教育番組のようで、親子のコミニュケーションも取れると。いやあ面白いですなあ。
ただ今キテレツ大百科をやるとしたら……う~ん、やっぱりあの90年代前半という雰囲気が一番絶妙な時期だったのかなあ、と思ったり。

ふう、言いたいことを全部詰め込もうとすると、しっちゃかめっちゃかになってしまうね。
では最後のシメに2013年9月5日に発言した僕のツイートを引用して終わりとしましょう。




ああ、死ねないね!



[PR]

# by biryou-sanso | 2015-08-13 09:41 | 未分類

日常と思い出のお話。

やあ、ヤマグチジロウだよ。

シウ漫画『ドライブカー』が完結しました。
というわけなのでちょっとばかりのこぼれ話なんかを書こうかと思います。

こぼれ話といっても、作品について多く語ってしまうとそれは蛇足に感じてしまってあまりスマートではないと(僕が)思うから、関連した思い出話なんかをね、語ってしまおうかと、お付き合いいただこうかと。
あ、ちなみにタイトルの『ドライブカー』ですが岩瀬敬吾氏の同名曲からとっています。
深い理由なんかも特になく、ただ単にドライブしてるからという理由と、この曲が大好きだからです(ご本人のYouTubeアカウントなんてあったんですね貼り貼り)


さて、本題となる思い出話だけども、漫画の作中に「自分の及んでいない世界を確認した時のなんとも言えない気持ち」みたいなのをシウが語っている。この気持ちはもちろん僕が以前からずっと持ち続けているもので、同じ感情を抱いている人なんかも多いと思うのだけど、ではいつからこんなことを考えていたのか。そこについてちょっと掘り返してみようかな。

そもそも、漠然としたそういう気持ちはずーっと昔、幼少期によく遊びに行っていた従兄弟の家からほど近い公園で、従兄弟の友人と遊んでる時なんかにもなんとなーく感じていたりする気もするが、今回ははっきりと「あ、あの時はっきり感じたな」というエピソードがあるのでそちらのほうをお話ししよう。

時は中学時代。僕を含め5人のグループでとある街に来ていた。
班長のNくん、サッカー大好きKくん、重機大好きMくん、いもけんぴ大好きKくん……あ、Kくん2人いるね。まあ、いいや。そして僕の5人のグループだ。
中学校の軽いフィールドワークとでもいうのか、そのとある街で工場の見学をしたあとに地図を持って丘の上にある公園までグループで移動し、先生と合流して解散。といったような流れだった。
グループ分けに関しては元々そうだったのか、それとも5人で示し合わせたのか覚えていないが学校での班分けに倣ったメンバーだった。
どちらにせよ、僕たちは5人で示し合わせていたとしても違和感のないほどに仲が良かったのだ。

そんな仲の良い5人で知らない街並みを歩くわけなのだから、当然のように時間通りに上手く移動できるわけがなかった。
誰が言ったか「土地の神様に挨拶をしよう」と神社に立ち寄り、なぜかその神社に設置されてあった土俵でトーナメント方式で相撲をとり、もちろん禁止されている買い食いでコロッケを食べ、地元にはないいろんな建物に目を移してはペラペラと喋りタラタラと歩いていたら、いつの間にか集合時間に迫っていた。

本来であれば、目的地の公園に着いたら先生と連絡を取って合流するという流れだったが、集合時間が迫った今、僕ら5人がとった行動は「間に合うか分からないがとにかく連絡だけはしておこう」という今考えるとめちゃくちゃなものだった。
その場で目に付いた公衆電話からNくんが先生の携帯電話に電話をする間、他の4人でどうやって目的地に行くかを話し合った。正規のルートでいけば15分はかかってしまう。身銭を切ってタクシーを使うか……一同は身構えたがそこは幼少期よりドケチを貫いてきた僕が許すはずもなかった。「中学生とはいえ5人でタクシーに乗るのは2台使わないと無理だ」ともっともらしい意見を述べてひとつの提案をした。
正規のルートである道は大きな県道を沿って住宅街を迂回するルートであり、住宅街を突っ切って進めば時間ギリギリで丘の上まで着けるのではないか。

2台のタクシーを確保しお金を支払って安全な道を辿るか、たどり着けるかは分からないルートを使って自らの脚で進むか。天秤にかけた結果、僕らは後者を選んだ。
こうして僕らは道なき道を歩いた。本来ならこの表現は草木を分けて進む時に使うものかも知れない。だが僕らが進んだ道なき道は、住宅街の塀と塀の間や畑の隅など生活感に満ち溢れた場所だった。倉庫の脇を通り抜け、ようやく舗装された道に出た。道の行く先には坂道が続いている。
坂の上は木々に覆われて見えなかったが、そこを抜けた先にあると考えられるものはひとつだった。僕ら5人は安堵の表情を浮かべた。念には念を入れ、すれ違うお婆さんに「ここを登ったら○○公園ですか?」とNくんが訊ねた。お婆さんの答えは僕には聞こえなかったが、それを聞くやいなや「ありがとうございます!」と礼を言い、Nくんは走り出した。きっと肯定の意味だったんだと察した残りの4人は、その後を追って走り出した。

坂道を走り抜けると開けた場所に出た。どうやら目的地の公園のようだった。
とりあえず目に付いたベンチに座り息を整えていると、丘の頂上の広場に着いても姿が見えなかったので降りてきたという先生がやってきた。
「あ、もっと上に広場あったんですかー」と、さもずっとここに居ましたよという風に答えた僕らに先生は何の疑問も抱かなかったようだ。
こっそり時間を確認すると集合時間を2分過ぎたところだった。
大きな賭けに勝った僕たちは公園でひとしきり遊んだあと帰路についた。

とまあ、ノッてしまったので最後まで書ききってしまったけど、問題の「自分の及んでいない世界を確認した時のなんとも言えない気持ち」を感じたのは住宅街を横切って目的地を目指したところ。
見たこともない土地でそういう風な裏道を使っている時に「あ、でも地元の子供たちはこういうところも平気で通ったりするのかな」と、そう思うとその住宅街の生活感というのがよりいっそうに際立って見えたんですね。そのときの僕たちは非常事態で使っているが、地元の子供たちは少しでも早くと公園を目指して日常的に駆け回ったりしているのではないかと思うと、自分の生活と重なりなんだかノスタルジックを感じ、同時に今回シウが思ったような悔しいようななんともいえない気持ちが浮かび上がってきたというわけです。

しかしこの感情、『それでも町は廻っている』通称それ町の1巻でお話の中に早々と出てきてるんですね。
これを読んだ時の(というかそれ町のテーマ自体にも)衝撃たるや形容しがたいものであり、後のシウ漫画にも繋がってくるのですが、いずれまたの機会に。
だとしても、この感情についてはいつかちゃんと書いておこうと考えていたので、それ町で出てきていると知りながらも今回テーマのひとつとして扱ったという、そういう経緯になります。まあ、取るに足らないことではありますが。

えー、前回から「だーっと書くことにしたぞー!」という当ブログですが、だーっと書くと落としどころが難しいよねえ。
という、落としどころということで……。

[PR]

# by biryou-sanso | 2015-07-30 17:39 | 未分類

これまでとこれからのお話。

やあ、ヤマグチジロウだよ。

最近このブログが滞り気味だ。
それはもう最近というには厚かましい期間かも知れないがとはいえ最近なんだ。
このブログを始めた当初、2008年7月6日にオープンしてからの1~2年はほぼ毎日、それからしばらくも月に10件近くは更新していた。しかしここでいうところの最近は月に1件あればいいという状態(事実先月は飛ばしてしまっている)である。
この状態になった一番の理由はtwitterの存在だろう。
正直、日々に起こったことは140文字でこと足りてしまうのだ(書かないことも多いけど)。

そこで僕は考えたんだ。ここには考えていることを書こうと。
おそらくそれは、それはそれは文字数は今までと比べると多いものになるだろう。
140文字でこと足りてしまわないことを書こうじゃないかと、そう考えたんだ。

前もっていうがもちろん、それはもう当然の如く不定期な更新である。
自分の性格は嫌と言うほど分かっているので仮に週一だとか隔週だとか毎月第○何曜日に更新だとかいう所謂締め切りを決めてしまっては、なんというかこう、無理やりが入ってしまう気がするんだ。
とにかく間に合わせることだけに力を注いでしまいかねないんだ。
それはそれでできるものなら面白いかも知れない。
でも、それは今回言う「考えていること」とは違う気がするんだ。
書きたいな~と思った時にガッツリ心ゆくまで書くスタイルが合っているような、そんな気がするんだ。

ところでその「考えてること」というものは一体なんなのか。
僕にはお酒を飲んで話すことが無くなった時に、ささやかな話題として、話し相手と共有してみたいなあと思っている話がいくつもある。だけどなかなかそれを披露する場所がないことに気付いたんだ。なぜかというとお酒の席でそんな話をする雰囲気になる場面というのが、ないのだ、全く。
しっとり飲むということが、できないのだ、全く。僕というものはそういう者なのだ、全く。
とはいえ、そんなに大それたものではない。大それた者ではない僕が考えた大それたものではない文章なのだから、もはやそれは長く長く書き留めたメモと言ってもいい。
それでも書いておいたほうがいいなと、僕が思ったのだ。このブログを生かしておきたいなと、思ったのだ。

だから、だからこそ頭の中に溜まったその考えを、これから書いていこうじゃないかと、そういう宣言がこの記事である。
だっていきなり今までとは毛色の違うものを書き出したらちょっと戸惑うじゃない。僕が。

とまあ、長々と書いたがつまりは「これからいきなり長文でいろんなこと書くけど驚かないでね」ということが言いたかったのです。
とりあえず次は今描いているシウ漫画「ドライブカー」の内容のひとつについて書こうと思っています。

どうかよろしくお願いします。

(しかし一つ前の記事を見てみると、割とそこそこな量書いてるんだよね……なんだかカッコつかないねぇ……)
[PR]

# by biryou-sanso | 2015-07-20 13:41 | お話。

Everybody clap your hands.

ぱっきゅる~ん。
やーひさしぶった、ヤマグチジロウです。

5月21日、行ってまいりました。
the telephones 武道館 DE DISCO

僕としては初めての武道館で、それだけでもけっこうなドキソワ具合だったんですが。
問題なのがその席。

アリーナA4ブロックの2列め。

「近っ!」

正直なところ、テレフォンズは2010年で止まっていた僕。
同行した他3人もフェスではよく見るよ程度。
そんな我々がこんな真正面の真ん前でいいのかと。
というわけでみんなお酒を飲んで無理やりテンションをあげる所業に。

その甲斐もあって(?)最高のライブを見させていただきましたとも。
後々にセットリストを確認してみて「こんなに知らない曲やってたっけ?」と思えるほどに盛り上がりましたね。
(曲見ても一致しないところもあるのは否めない)

まあ詳しいところはいろんなところで専門の方がまとめていると思いますので、
僕が感じたことをぽろぽろと。

武道館、そしてオールリクエストということもあってライブの定番曲中心の構成。
2010年で止まっていたとはいえ、その頃から変わらぬハイテンションっぷりに自然と体が動く。
一番聴いたであろう、それはもう聴いたであろう「We are handsclaps E.P.」「JAPAN」からもいろいろ演ってくれてそれはもうハッピーでした。
(その2タイトルの曲の時だけ周りとテンションの差があったのには時代の流れを感じたり感じなかったり)

これが活動休止前最後のワンマンということで最後に素晴らしいものを見せてもらいました。
最後まで自分の立っている位置に疑問はありましたが。

いやいやしかし僕が専門学校生だった頃ですか、
「POLYSICSの初期に似たバンドがいる」っていうことを聞きつけてまだインディーズデビューしたてだった彼らのCDを手に取った時にはまさか武道館でやるバンドになるとは、そしてそれを観に行けるとは、しかも真ん前。
そういう意味ではいろんな想いの重なったライブであったのも確かです。
改めて、ありがとうthe telephones!


えー加えまして、
新しいLINEスタンプが出ました。
もう結構前に出てたんだけど書いてなかったね…。
シウ漫画スタンプ
nice cat.
どちらもよろしくお願いします。


あとね、長く更新してないといろいろもたつくよね。
そのシウ漫画本編も描いたんですよ。
「レインオブザマリシャス」
専用ブログ
ニコニコ静画
お好きなほうをどうぞ。


あとはもうないかな?大丈夫かな?


ほなねん。
[PR]

# by biryou-sanso | 2015-05-22 05:21